ホルモン剤は種類によって金額も大きく変わってくる?

ホルモン剤を服用する場合、目的によってホルモン剤の値段が異なります。 - ホルモン剤はガンのリスクを高める?

ホルモン剤はガンのリスクを高める?

 更年期障害の治療や、ニューハーフの人が女性らしさを保つためにホルモン剤が利用されていますが、ホルモン剤はガンのリスクを高めると言われることもあります。利用を考えている人にとっては、気になる問題ですね。実際はどうなのでしょう。

子宮ガンのリスク

 更年期で減少しているホルモンはエストロゲンです。エストロゲンは女性らしさを保つためのホルモンでもあり、肌を若々しく保ったり、胸を大きくしたりする効果もあります。ですから、更年期障害の治療や、女性らしさを保つためにエストロゲンを摂取したいと考えるのですが、エストロゲンだけを長期間摂取すると、子宮体ガンのリスクを高めてしまいます。
 1、2ヵ月の短期間であれば、エストロゲンだけでも問題はありません。長期間服用する場合は、同じく女性ホルモンであり、反対の作用を持つプロゲステロンを一緒に摂取するようにします。エストロゲンが子宮内膜を増やし過ぎるのを防ぐため、子宮体ガンのリスクを下げることができます。

乳ガンのリスク

 ホルモン剤は乳ガンのリスクを高めるという話も以前はあったのですが、専門機関での研究によって、現在この仮説は否定されています。むしろ、ホルモン剤を投与している人は、乳ガンのリスクは下がると言われています。

その他の副作用

 エストロゲンを投与すると、不正出血を起こすことがありますが、ホルモンによる生理現象なので問題はありません。胸が張ったり、下腹部が痛くなったりすることもありますが、ホルモン投与に体が慣れることで症状は治まる場合は多いです。

噂に惑わされないで

 ホルモン剤の効果や副作用については、様々なものがあり、間違った噂も広まっています。最新の情報をチェックして、正しい知識を身につけてください。

関連する記事

アーカイブ