ホルモン剤は種類によって金額も大きく変わってくる?

ホルモン剤を服用する場合、目的によってホルモン剤の値段が異なります。 - 更年期障害に使われるホルモン剤

更年期障害に使われるホルモン剤

 40代、50代の女性には、更年期障害に悩まされている人も多いです。中には、重い症状が日常生活に支障をきたすこともあります。更年期障害は、ホルモン剤によって治療することができます。

どうして更年期障害は起こるのか

 更年期とは、閉経を挟んだ前後5年間、合わせて10年間を指します。女性ホルモンにはエストロゲンというものがあります。思春期から分泌が多くなるのですが、更年期になると分泌量が減り、閉経後には一気に減少してしまいます。
 エストロゲンは女性らしさをつかさどるホルモンと言われており、月経を起したり、肌ツヤを良くしたりと、女性らしさを保つために様々な効果を生みます。他にも、生殖機能や代謝、神経機能、心臓や血管系の機能などを調節しています。エストロゲンが減少してしまうと、女性らしさが失われるだけでなく、体のあらゆる機能の調節能力が失われて、体調にも変化が表れてきます。
 更年期障害の主な症状には、月経リズムの乱れや、動悸、息切れ、体のほてり、めまい、肩こり、頭痛など様々なものがあります。倦怠感なども生じて、日常生活に支障をきたすこともあります。

治療に使われるホルモン剤

 エストロゲンのみを補充していくと、ガンのリスクが高まるので、バランスよくホルモンを摂取するためにエストロゲンとプロゲステロンを両方摂取できるものになります。飲むタイプのもの、塗るタイプのもの、張るタイプのものがあり、体質やその時の体調にあったものを選ぶことができます。

更年期障害は治療ができる

 更年期障害に悩む女性が多いです。辛い場合は、我慢せずに医療機関を受診してください。症状が緩和されるだけでなく、ホルモン剤によってエストロゲンが補充されることで、女性らしさを保つことができます。

関連する記事

アーカイブ