ホルモン剤は種類によって金額も大きく変わってくる?

ホルモン剤を服用する場合、目的によってホルモン剤の値段が異なります。 - もっと簡単に女性ホルモンを増やしたい人のために

もっと簡単に女性ホルモンを増やしたい人のために

 女性ホルモンを注射によって摂取している人もたくさんいます。注射は、予約をとったり、医師の診断を受けたりと、時間がかかる上にお金もかかります。病院代もですが、注射によるホルモン投与自体、費用がかかることなのです。もっと簡単に女性ホルモンを摂取しませんか。

飲み薬ならコストをぐっと抑えることができる

 サプリメントなどとは違い、きちとした女性ホルモンの薬があります。メーカー正規品のため、その効果も保障されています。薬にすれば、わざわざ病院を予約したり、医師の診断を受けに行ったりする必要もありません。自分のペースで、簡単に女性ホルモンを摂取することができるのです。

薬の種類

 男性から不動の高い支持を得ているのが「エストロモン」です。ジュネリック医薬品でもあり、100錠入りのものが1箱2000円くらいと、比較的安価で購入することができます。「オルガメッド」も人気が高いです。この二つは、肌をきれいにし、髪にツヤを与えてくれるだけでなく、乳房が大きくなりやすくなるなど、女性らしい体つきにしてくれます。

注意点

 薬に記載されている用法、用量は必ず守ってください。ホルモン剤は副作用を伴う場合があります。きちんと量を守って飲んでいれば、体が慣れ、副作用はなくなることが多いです。
 体質や生活習慣が原因で薬が服用できない場合もあります。副作用のリスクを高めるためです。喫煙をしている人は服用できません。心筋梗塞や、脳梗塞、高血圧などの心配がある人も、使用を控えてください。

注射ではなく、薬でも高い効果が得られる

 女性らしい体になりたい男性にはもちろんおすすめですが、女性の利用者もたくさんいます。アンチエイジング効果や、更年期障害を和らげる薬としても使用されています。

関連する記事

アーカイブ